MENU

レーザーによる育毛、薄毛対策

最近、育毛・養毛レーザーブラシが注目されています。低温・低エネルギーレーザーのバイオ活性作用は育毛、薄毛に多くの有益な効果をもたらすとされています。

 

レーザー光線に関しては、「表皮を通過し代謝物質であるアデノシン三燐酸(ATP)の働きを強化して細胞を活性化する」ことが、既に、報告されています。適切な周波数のレーザー光線を照射すれば細胞は復活して、育毛にも良い方向になるとなるわけです。

 

 

医療関係でも、レーザーによる育毛、薄毛のケアを行っているところがあります。

 

 

確かに日頃の育毛、薄毛へのケアや育毛剤と併用するとさらなる効果が期待できる可能性があるのは事実です。

 

ただ、高額なので誰でも利用できるものではありませんし、育毛、薄毛への効果としては、多少の個人差があるのも事実です。まだ体験した人も少ないようですが、ネット、口コミ以外、導入している医療関係などで情報収集してみるとよいでしょう。

 

 

半導体レーザーは、2003年1月4日にカナダ政府から、育毛、薄毛に効果があると承認されており、近くアメリカのFDAでも承認される予定です。今後は、従来の育毛、薄毛に対するケア商品との組み合わせで、広まっていくものと見られています。

育毛、薄毛の写真

育毛、薄毛に悩む人は、育毛・養毛剤や、かつらの宣伝も、気になるし、こまめに見たりするでしょうね。

 

 

「育毛、薄毛に悩む人に朗報!これ、このとおり!」と、使用前、使用後の写真を掲載している広告も数多く見られます。
でも、こうしたものは、結構インチキが多いのも周知の事実です。また、なら、自分も使用すれば、すぐにこの写真のように効果が現れるのか、と考えるのも間違いですよね。要は、あまり写真に惑わされないことです。

 

 

逆に、育毛、薄毛に悩む場合、やはり、まず自分の見た目を気にするわけですから、それなら、自分自身の写真を撮り、自分を客観的に見てみるのも、育毛、薄毛の悩みに対し、ちょっとしたヒントを得られるものです。
正面だけでなく、横顔、また、斜めからなど、アングルを変えてみて、自分の顔写真を撮ってみて、果たして、どのように見えるのか、色々と考えて見ましょう。
育毛、薄毛に悩む場合、まず、自分の頭の、どの辺りが気になるのか、どの辺りが目立つのか、角度を変えてみて、どんな風に見た目が変わるのか、こうしたところを考えてみて、それにあった、育毛、薄毛の対処を考えてみると、効率のよい効果が得られるかもしれません。

 

 

さらに、服装も変えてみて、すこしオシャレ気分にもなってみましょう。実際、欧米の人は、育毛、薄毛は全然気にせず、体型や洋服のこだわりで、自分をかっこよく見せようとするものなのです。

育毛、薄毛の、飲み薬の注意点

育毛、薄毛の悩みの解消には、育毛剤などの薬の使用を考える人が大半でしょう。

 

 

しかし、むやみやたらと強い育毛剤を使えば、育毛、薄毛に良いと言うものではありません。弱り衰えた頭皮(薄毛に悩む80%以上の方の頭皮は弱っている傾向にありますが、見た目ではわかりにくいものです)・赤く炎症のある頭皮・異常ある頭皮・等に育毛剤を使い続けるのは、かえって「薄くなってきた」「うぶ毛しか生えない」「頭皮がかぶれる」といった症状をもたらします。育毛剤は、健康な頭皮に育毛、薄毛の効果があるのです。

 

 

最近は、育毛、薄毛に対し、飲み薬による治療も行われるようになっています。
これまでの育毛、薄毛のための養毛剤ならびに育毛剤といえば、血行を促進し毛根にある細胞を活性化することに重点を置いた製品がほとんどでした。それに対し、飲み薬、特に男性型脱毛症の薬は、薄毛の要因とされる男性ホルモンの働きを弱くすることにポイントを置いたものでここに大きな違いがあります。発毛効果は1年くらいで止まりますが、毛髪が伸びるため見た目の変化があるようです。

 

 

男性型脱毛症の飲み薬は、処方が必要なので病院やクリニックでの診察を受ける必要があります。
いずれにしても、育毛、薄毛に対しては、あまり過信せず、自分の症状に応じたものを選び、専門家のアドバイスも受けるようにした方がよいでしょう。